歯科助手になる為には

【歯科助手向け】
Q1:歯科助手にはどうやってなるのですか?
Q2:歯科助手に資格はいるのですか?
Q3:歯科助手のお給与はどれくらいですか?
Q4:歯科助手は、どんな仕事をするのですか?
Q5:歯科助手の採用基準は何ですか?
Q6:歯科助手で働きたいのですが、なかなか採用されません。
Q7:歯科助手では何歳くらいまで働けますか?
Q8:歯科助手になりたいのですが、就職状況はどうですか?
Q9:面接の時の服装はどんな物が良いでしょうか?
Q10:面接で大切な事はどんな事ですか?
Q11:歯科助手の通信教育を受けていた方が、就職に有利ですか?


【求職者全般】
Q1:面接を受ける時に大切な事は?
Q2:求人が出ていない歯科医院(技工所)で興味がある所があります。相談にのってくれますか?
Q3:いくつか見学をしてから面接をしたいのですが可能ですか?


歯科助手向け

Q:歯科助手にはどうやってなるのですか?
A:歯科医院の中で白衣を着てお仕事をしている歯科助手さん達を見かけますね。

実は、見た目では、判断が難しいのですが、『歯科衛生士』と『歯科助手』がおります。

経験がなく、専門の学校などを卒業していなくても歯科助手になる事ができます。
採用されればあなたも歯科助手です。

Q:歯科助手に資格はいるのですか?
A:歯科助手とは、歯科医院などで一般的な雑務を行う者のことで、資格や法律などで特に定義、分類されてはおりません。
ですので、歯科助手という仕事は、特に資格は必要としません。

初めて歯科助手の仕事をする時に、診療室内では、専門用語がたくさん飛び交います。
最初は、何言ってるのかを全く理解できないと思いますのでそういう時や、治療の流れを把握する。などに、
歯科助手講座は役立つかと思いますが、
これを受けないと歯科助手の仕事ができない訳ではありませんし、受けたからといって残念ながら就職の有利になるという事でもありません。

基本的に歯科助手は、医療行為を行ってはいけない事になっています。
(患者様の口の中に触れたり、医療行為は行えない。という法律はあります。)

ここに歯科衛生士との違いがあります。
衛生士には国家資格が必要です。

Q:歯科助手のお給与はどれくらいですか?
A:地域により差がありますが、平均的に月収150,000円 〜 200,000円(経験などにより差があります)
時給なら 850円 〜 1.000円 くらいでしょうか。
※保育士/介護士などの資格があると優遇して下さる医院様もございます。

Q:歯科助手は、どんな仕事をするのですか?
A:業務内容としては、主に器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、受付などです。

患者様の気持ちをやわらげたり、歯科医師さん達が、円滑に治療ができるようにする為に大切な仕事ですね。
知識が備われば、歯科医師のもとで説明などもします。

受付業務は、予約の取り方の知識や、コンピューターの扱いも必要となります。

歯科助手や受付は、資格は、ないですが、歯科医院にとっては、欠かせない存在であると思います。
笑顔一つ、患者さまへの接し方一つで、歯科医院の雰囲気が良くもなり、悪くもなります。

楽しみながら、プロフェッショナルを目指しましょう

Q:歯科助手の採用基準は何ですか?
A:経験を求められる歯科医院とそうでない歯科医院があります。
これは、一概にどちらが多いかというとそこまで差がないように思えます。

重要な事は、患者さんに安心感を与える事ができる方や、テキパキ動ける方が求められます。

1、素直さ。(お礼とお詫びなど)
2、清潔さ。(派手過ぎは×)。
3、次の事を考え行動ができる。
 (洞察力、判断力、行動力)
4、落ち着いた話し方。(ゆっくり落ち着いた口調)
5、真面目さ。(些細な事で休んだりしない)
6、誠実さ。(シフトなどわがままを言わない)
7、年齢や雰囲気がその医院に合っている事
8、明るさ。(コミュニケーションを取れる)
9、ホウレンソウが出来る方。
10、順応性(以前の勤め先と比較しない)

などかと思われます。

Q:歯科助手で働きたいのですが、なかなか採用されません。
A:まず、第一印象が大切です。

患者さまのに安心感を与えられる話し方や、服装、髪型をしているかどうか?
華美なメイク、伸ばした爪は、歯科助手に向かないと判断されてしまいます。

それがクリアできてその次に大切な事は、素直さや真面目さ、わがままを言わない事などです。

「早く帰りたい。」「日曜は出られない」といった条件では、就職は難しくなります。

Q:歯科助手では何歳くらいまで働けますか?
A:退社せずに続けていれば、かなり高年齢まで仕事はできます。
しかし、途中で辞めて他に移るには、35歳を過ぎるとかなり就職は難しくなる傾向にあります。
医院のスタッフが全体的に年齢層が高ければ、40歳くらいまでの採用もあります。

Q:歯科助手になりたいのですが、就職状況はどうですか?
A:現在、歯科の中でも就職が一番厳しいのが歯科助手です。
なぜならば、資格がいらないので応募する方がとても多いので競争率が高いのです。
経験者で、時間制限のない方は比較的すぐに就職が見つかりますが、
時間や曜日制限がある方は、希望の職場は見つかりにくい傾向にあります。

Q:面接の時の服装はどんな物が良いでしょうか?
A:リクルートスーツであれば一番良いと思います。

もし、持っていない場合は、派手でないブラウスにスカートなどだと思います。
色は最小限に抑え、さわやかな印象を与えられる物を選びましょう。
デニム、ミニスカートはNGです。

Q:面接で大切な事はどんな事ですか?
A:基本的な事ですが、面接に遅刻をせず、服装(デニムはNG)とメイクは、華美(派手)にならないようにすると良いでしょう。
長すぎる爪も×です。

印象を良くには、相手の目を見てハキハキと返事をすること。最後に採用されたい事をアピールできれば尚、良いですね!
そして、「ありがとうございました。」を忘れずに。

Q:歯科助手の通信教育を受けていた方が、就職に有利ですか?
A:歯科衛生士さんの資格は、確実に有利ですが、
CMなどの【歯科助手資格】は、民間の資格ですので、残念ながら採用側からは、入社時に重要視されないのが現実です。
ただし、歯科助手を初めてから専門用語を覚えるという意味では、無意味ではないと思います。

求職者全般

Q:面接を受ける時に大切な事は?
A:1、やはり服装です。スーツなどが無難です。
ジーンズ、ジャンパーなどは避けましょう。

2、清潔感!実は、意外に見落としがちです。
髪は、さっぱりと、服装に染みや汚れがないか。爪は清潔に整えられているかなど。
特に経験を積まれている方が忘れがちです。

3、椅子に座る時に深く座り過ぎない。
背もたれなどを使うと偉そうに見えてしまいます。

4、あいさつやハキハキとした返事。
緊張のあまり声が小さくなってしまう場合も多くみられます。
患者さまに対しての感じ良さなども面接時の対応で判断させる場合が多いです。

5、履歴書
字が上手い下手ではなく、できるだけ丁寧を心掛け書いた履歴書は、受け取る側にも伝わります。
履歴書の中でも採用側に興味がある事やできる事を書き込むともっとGood☆

6、アピール
その就職先へ入社したら何がしたいか、(覚えたいか)どんな歯科医師・衛生士・技工士・助手を目指しているのか、今の自分が貢献できる事が伝えられるとかなり好印象でしょう。


7、終わり良ければ全て良し?!
最後も大切です。
「本日はお時間を頂きありがとうございました。」
など、一礼できればパーフェクト!

Q:求人が出ていない歯科医院(技工所)で興味がある所があります。相談にのってくれますか?
A:もちろん、可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

Q:いくつか見学をしてから面接をしたいのですが可能ですか?
A:もちろん可能です!
直接医院様へお気軽にお問合せ下さい。

Comments are closed.